放送倫理検証委員会

放送倫理検証委員会 委員会決定

第27号

東京メトロポリタンテレビジョン
『ニュース女子』沖縄基地問題の特集に関する意見

2017年12月14日 放送局:東京メトロポリタンテレビジョン

放送倫理検証委員会は、「東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)『ニュース女子』が2017年1月2日に放送した沖縄基地問題の特集を審議してきたが、このたび委員会決定第27号として意見書をまとめ公表した。当該番組はTOKYO MXが制作に関与していない“持ち込み番組”のため、放送責任のあるTOKYO MXが番組を適正に考査したかどうかを中心に審議した。
委員会は、(1)抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった、(2)「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった、(3)「日当」という表現の裏付けの確認をしなかった、(4)「基地の外の」とのスーパーを放置した、(5)侮蔑的表現のチェックを怠った、(6)完パケでの考査を行わなかった、の6点を挙げ、TOKYO MXの考査が適正に行われたとは言えないと指摘した。そして、複数の放送倫理上の問題が含まれた番組を、適正な考査を行うことなく放送した点において、TOKYO MXには重大な放送倫理違反があったと判断した。

2017年12月14日 第27号委員会決定

全文はこちら(PDF)pdf

目 次

2018年6月8日【委員会決定を受けてのTOKYO MXの対応】

標記事案の委員会決定(2017年12月14日)を受けて、当該の東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)は、2018年3月、対応と取り組み状況を委員会に提出した。委員会では、この対応報告では内容が不十分であるとして4月に追加の質問をし、5月、TOKYO MXから補充の報告があった。
6月8日に開催された委員会において、これらの報告書の内容が検討され、了承された。

TOKYO MXの対応

全文pdf

目 次

  • 1. 委員会決定について放送した報道および情報番組
  • 2. 委員会決定の当社社内での報告と周知
  • 3. 放送番組審議会での取り扱いについて
  • 4. 考査部の取り組みについて
  • 5. 報道特別番組について
  • 6. 研修会の実施
  • 7. 終わりに

追加の質問

全文pdf

TOKYO MXの補充の報告

全文pdf