青少年委員会

青少年委員会とは

委員の皆さん

委員長

榊原 洋一(さかきはら よういち)

エビデンスに立脚した視点を見失わないように

自然科学である医学が立脚する視点は、エビデンスベースで考察を進めるというものです。視聴者から寄せられた意見・指摘を真摯に受け止めつつ、憶測に基づかないエビデンスに立脚した視点を見失わないようにしたいと思います。

榊原 洋一
1951年生まれ。お茶の水女子大学名誉教授。小児科医。東京大学医学部卒。医学博士。東京大学付属病院小児科助手、ワシントン大学小児神経研究部研究員を経て、2004年からお茶の水女子大学人間発達教育研究センター教授。同大学院人間文化創成科学研究科教授。2015年には、お茶の水女子大学理事・副学長。専門は、小児神経学や発達障害の医学など。

副委員長 

緑川 由香(みどりかわ ゆか)

テレビの可能性を探る

私が子どもの頃、テレビは広い社会と夢のある未来につなげてくれる大きな窓でした。メディアが多様化した現代で、テレビが子どもたちに与える可能性を探ってみたいと思います。

緑川 由香
1964年生まれ。弁護士。早稲田大学法学部卒。日弁連人権と報道に関する特別部会委員、映倫年少者映画審議会委員。日弁連人権擁護委員会において、人権と報道の問題に取り組む。

委員

稲増 龍夫(いなます たつお)

テレビ大好き人間

モノ心ついた頃からのテレビ大好き人間。自らの人生形成の核はテレビに他ならず、そのメディア体験を総括する視座を探っています。

稲増 龍夫
1952年生まれ。法政大学社会学部教授。専門は現代若者論、メディア文化論。東京大学文学部社会学科卒、東京大学大学院社会心理学博士課程単位取得中退。経済審議会委員やテレビドラマアカデミー賞審査委員など歴任。主著に、「アイドル工学」「フリッパーズ・テレビ~テレビ文化の近未来形」「パンドラのメディア~テレビは時代をどう変えたのか」など。

委員

大平 健(おおひら けん)

子どもたちのために

テレビは放送開始から見ています。今はメディアとして終焉期に入ったと言われますが、まだ視聴する子どもたちは大勢いるわけで、彼らのためにできることが何なのか、考えて行きたいと思います。

大平 健
1949年生まれ。精神科医。東京大学医学部卒。元聖路加国際病院精神科部長。著書に『豊かさの精神病理』『やさしさの精神病理』『診療室に来た赤ずきん』など。

委員

菅原 ますみ(すがわら ますみ)

子どもの発達を支える役割を「テレビ」はどう果たす?

マルチメディアを操る今の青少年にとっても、テレビは幼い頃からの欠かせないパートナーです。子どもたちのすこやかな育ちや学び、楽しみの視点からテレビの役割を考えていきたいと思います。

菅原 ますみ
1958年生まれ。お茶の水女子大学教授。文学博士(専門:発達心理学)。国立精神・神経センター精神保健研究所 地域・家族研究室長を経て、2002年よりお茶の水女子大学助教授、2006年より現職。2015年4月より文教育学部学部長。日本学術会議連携会員(心理学・教育学)。著書に、「個性はどう育つか」「子ども期の養育環境とQOL」など。2002年から乳児期からのメディア視聴に関する長期追跡研究"子どもに良い放送"プロジェクトに参加。

委員

中橋 雄(なかはし ゆう)

新しい文化の創造をめざして

放送のあり方について語り合うことは、ともに新しい文化を創造するための大切な営みです。多様な価値観に寄り添いながら、子どもたちのために建設的に対話を重ねていきたいと考えています。

中橋 雄
1975年生まれ。武蔵大学社会学部メディア社会学科教授。関西大学大学院総合情報学研究科博士課程後期課程修了・博士(情報学)。株式会社博報堂、福山大学、独立行政法人メディア教育開発センターに勤務した経歴をもつ。専門分野は、メディア・リテラシー論、教育の情報化に関する実践研究、教育工学。著書に、『メディア・リテラシー論(単著)』『メディアプロデュースの世界(編著)』『映像メディアのつくり方(共著)』など。

委員

吉永 みち子(よしなが みちこ)

若い世代とともに

テレビが家に来た小学生時代、世界が一気に広がりました。メディア環境は激変しても、今でも生まれて初めて見るのはスマホではなくテレビの画面。若い世代とともに放送の可能性を探りたいと願っています。

稲増 龍夫
1950年生まれ。東京外国語大学卒。ノンフィクションライター。競馬記者、夕刊紙記者を経てフリーに。『気がつけば騎手の女房』で第16回大宅壮一ノンフィクション賞。主な著書に、『性同一性障害』『子供たちは蘇る』『子供を蝕む家族病』など。政府税制調査会、外務省を変える会、検察の在り方検討委員会などの委員を歴任。民間放送教育協会会長。