放送倫理検証委員会

BPO理事長あいさつ

BPOは、NHK・民放連・民放連加盟の放送局が
“自主・自律を図るために設立した第三者委員会”
を運営する機関です。

予測不能な変化が日常となるニューノーマル時代に突入し、従来の慣習や価値観の
見直しと持続可能な社会の在り方に向けた真摯な対応が求められる時を迎えて
います。真の主体性をもった成熟した市民社会の構築に資する情報提供を担う
という意味で、放送界の使命と意義が一層大きく重くなっていることを思います。
BPOは、放送界がその公共的使命を自覚し、自ら第三者の意見を聴く仕組みを
設けて放送内容の向上を図ることを目指して設立されました。放送における
言論・表現の自由を尊重しつつ、視聴者の人権を擁護するために、また未来を
託す青少年の健やかな成長を守る観点も含めて、独立した第三者の立場として
放送倫理上の問題に対応することを活動の基本としております。
このBPOの理念と精神に基づいて、放送界とBPOが良き緊張関係と適切なる
互恵的関係を発揮することを期待し、関係各位のご尽力をお願い申し上げます。

大日向  雅美
放送倫理・番組向上機構【BPO】理事長
理事長挨拶