放送倫理検証委員会

放送倫理検証委員会 委員会決定

第28号

フジテレビ『とくダネ!』2つの刑事事件の特集に関する意見

2018年2月8日 放送局:フジテレビ

フジテレビの情報番組『とくダネ!』は、2017年7月、医師法違反事件の容疑者として全く別の男性の映像をインタビューも含めて放送し、また翌8月には放送時点では書類送検されていなかった男性を「書類送検された」などと放送した。委員会では、刑事事件の容疑者の映像と刑事手続きの進捗状況という最もセンシティブな情報について、同じ番組で誤りが続いたことは大きな問題だとして審議入りしていた。
委員会は、事実に反する報道で誤った情報を視聴者に伝えた2つの特集は、放送倫理基本綱領や日本民間放送連盟放送基準に抵触し、放送倫理違反があったと判断した。そして、いずれの特集でも、その制作過程で誤りに気づいて修正するチャンスがあったにもかかわらず見逃されてしまったことから、刑事事件報道の原則を再確認するとともに、番組スタッフの連携の力をさらに高めるよう求めた。その上で、玉石混交の情報が溢れる時代では、テレビが持つ優位性は情報の正確さと取材の深さにあるとして、取材は徹底的に、裏付けは慎重に、しかし、放送は果敢にと、現場のスタッフに呼びかけた。

2018年2月8日 第28号委員会決定

全文はこちら(PDF)pdf

目 次

2018年2月8日 決定の通知と公表の記者会見

通知は、2月8日午後1時30分から、千代田放送会館7階のBPO第1会議室で行われた。また、午後2時30分から記者会見を開き、決定内容を公表した。記者会見には26社52人が出席した。
詳細はこちら。