視聴者からのご意見

視聴者意見を読む

2006年7月

2006年7月に視聴者から寄せられた意見

小泉首相靖国神社参拝問題、ミサイル・テポドン発射と韓国拉致被害者等北朝鮮関連への意見、ハイド米議員発言の誤訳を伝えた情報番組への意見、旧日本軍731部隊のニュースに安倍官房長官のパネルが写された情報番組への意見などが目立った。

2006年7月の1ヶ月間に、電話・ファクシミリ・郵便やBPOのHP経由で「BPO視聴者応対窓口」へ寄せられた意見は717件で、6月と比較し88件減少した。

意見のアクセス方法の割合は、Eメール52%、電話42%、ファクシミリ5%、郵送ほか1%となっている。(*Eメール数には同一人の同意見を含む)

男女別では、男性74%、女性23%、不明3%で、世代別にみると30歳代(30%)、20歳代(21%)、40歳代(18%)50歳代(10%)、10歳代(7%)の順となっている。

2006年7月に視聴者から寄せられた意見 903件

BPOに寄せられた意見内訳

意見分類 2006年7月件数
人権等に関する意見 8 件
放送と青少年に関する意見 142 件 [ 意見内容 ]
放送番組全般にわたる意見 302 件 [ 意見内容 ]
BPOに関する意見・問い合わせ 38 件
その他(放送関連以外) 227 件
意見件数 計 717 件

視聴者の意見や苦情のうち、番組名と放送局が特定したものは当該局のBPO連絡責任者に「視聴者意見」として通知。7月の通知数は282件(32放送局)であった。

番組全般

2006年7月の放送番組全般(人権、青少年を含む)の意見総数(717件)の56%にあたる405件が“不適切な発言・表現、低俗、下品、モラル欠如”を指摘しており、主として【情報ワイド番組・バラエティー・ドラマ・アニメ関連】への意見となっている。

また、“取材・報道のあり方、番組の公平・公正、放送の影響力”など【報道・情報ワイド番組】にも54%(384件)の意見が寄せられた。

【報道・情報ワイド番組関連】では「取材・報道のあり方」に関する意見(186件)が多く、以下「放送の影響力」(67件)、「公正・公平・中立(“内容が偏向”との指摘を含む)」(41件)、「公共的な放送のあり方」(32件)、「メディア(取材)規制」(20件)、「政治的問題」(19件)、「言論・報道の自由」(10件)、「匿名・実名報道関連」(7件)の順である。

特に、「報道のあり方」や「放送局の姿勢」として[小泉首相靖国神社参拝問題(昭和天皇発言の富田元宮内庁長官メモ関連を含む)](58件)、[ミサイル・テポドン発射と韓国拉致被害者等北朝鮮関連]への意見(36件)、[ハイド米議員発言の誤訳]を伝えた情報番組への意見(24件)、[旧日本軍731部隊のニュースに安倍官房長官のパネルが写された]情報番組への意見(23件)が目立つ。

【バラエティー・アニメ・情報ワイド番組】に関する意見では「不適切な内容・表現(不適格な出演者を含む)」とする意見(267件)や、「低俗・下品」との指摘(98件)、「モラルの欠如」など放送倫理に関わる意見(40件)が多い。

意見の内容は上記“報道のあり方”などの意見の他に、[タレントの未成年婦女暴行と、所属するプロダクション・社会人球団および事件の伝え方についての放送局批判](28件)、[女性歌手の番組での発言批判](19件)、[W杯サッカー(ジダン選手関連を含む)](17件)、[秋田児童殺害事件関連](14件)などとなっている。

【放送局の対応・姿勢】に関する苦情・抗議は134件と前月(49件)と比較し急増した。意見は2極化し、“電話応対の悪さ”(55%)と“(このような番組を制作・報道する)局の姿勢”(45%)への意見となっている。

【CM関係】では前月(35件)とほぼ同じ36件であった。7月(36件)の意見のうち、「番組中のCM回数の多さ」と「不適切な表現・内容と放送時間」についての指摘が多いが、「CMの音量(の大きさ)」への苦情も寄せられている。

なお、「人権等権利に関する委員会」への相談・意見(7件)とは別に、番組・青少年各委員会に寄せられた意見の中で「人権問題や差別にあたるのではないか」との提起や懸念等は93件で、前月(114件)より減少した。

概要

【特記事項】(「取材・報道のあり方」「局の姿勢」などから抜粋)

  • 先月29日に23時のニュース情報番組で放映した「幻に消えた?米議会での演説」と題したニュース情報番組の中で、ハイド米下院議員の発言内容と、表示された字幕が大きく食い違っています。ハイド米下院議員の発言「私は日本の首相が靖国神社に行くべきでないと強く思っているわけではありませんが、ただ私が小泉首相に配慮してほしいと思うのは第2次世界大戦に参戦したアメリカ人の感情についてです」。放送の訳「私は日本の首相が靖国神社に行くべきでないと強く思っています。私が小泉首相に配慮してほしいと思うのは第2次世界大戦に参戦したアメリカ人の感情についてです」。石原都知事「私は日韓併合を100%正当化するつもりだ(実際は“つもりはない”)」の時と全く同じです。この局の捏造体質には寒気がします。是非公正な立場から処断をお願いします。
  • 東京キー局の夕方5時のニュース番組で旧日本軍731部隊の細菌兵器について報道した際、全く無関係の内閣官房長官安倍晋三氏のポスターと「ゲリラ活動」というテロップが表示されていた。石原都知事やハイド米議員の発言を捏造した問題や白隠元豆の件などのように謝れば済む問題ではない。総務省にも伝えたが公共の電波を預かっているとの認識が欠如し報道機関の責務を果たしていない。この局の報道姿勢はオウム事件報道をはじめ、何処までの報道ならば監督官庁は許すのか許容範囲を探っているように感じる。
  • 長野・鳥取・九州などを襲った集中豪雨で、山などが崩れ死者や被害者が出ているのにも関わらず、テレビ局は速報などのテロップすら出そうともせず、くだらないお笑い番組を流している。一方は自然災害で苦しんでいるのに、そのような人達のことを無視し、タレント達が我が物顔で騒いでいる姿を目の当たりにするととても腹が立ってくる。自粛しろとは言わないが、多くの人が自然災害の猛威で苦しんでいるときに、浮かれた番組を流す事は考えて欲しい。また、山崩れなどの被害が発生したら、速報(テロップ)だけは出して欲しい。本来、マスコミというのは被害の状況や事故などがあった時にすぐに報じるものだと思う。
  • 富田元宮内庁長官メモによる「昭和天皇A級戦犯の靖国合祀に不快感」のニュースは日本経済新聞が取材し、半日遅れで各紙、テレビが報じたものだが、どの社の報道もキッカケとなった取材社(日経新聞)によるものであることを伝えず、「富田元宮内庁長官のメモ」とあたかも独自取材のごとく報道していた。聞くところによればマスコミ界では他社のスクープは扱わない、又は引用するとしても沽券に関わるので取材元の他社名は公表しないのだとか。しかし、真実を伝える(義務がある)はずのマスコミは今回に限らず、他社のスクープを扱う場合はその取材に敬意を表し社名を紹介して報道をするのがまっとうなやり方ではないだろうか。メディアの掟か何か知らないが、事情はともかく、何と言っても自らは取材できず一本とられたのだから潔く真実を伝えるべきで、その方が報道機関として信頼感が増すのだ。読者や視聴者はその辺のいきさつは先刻お見通しなのだ。

【取材・報道のあり方】

  • 北朝鮮のミサイル発射で各局報道特別番組を放送し、朝のドラマをはじめ幾つかの番組が放送内容の差し替えや休止により放送時間拡大したのはやむを得ないが、その一方で気になるのが、何処の民放局を見ても芸能コーナーやバラエティー番組が休止になっていないのは少しおかしいのではないだろうか。視聴者の中には「楽しみにしていた番組を潰すな」と言った不満を訴える事が多いが、今回のような大きな事件、事故で時間を拡大するのは当然の措置だし、朝から晩まで似通った芸能ニュースを延々と流すこと自体意味がない。それなら通常の時間枠で流す事のできなかったニュースを拡大した時間枠の中で流すべきではないのか。もう少し生放送の特性を活かした番組作りをすべきではないか。
  • 北朝鮮によるミサイル演習が行われたとき、各局が速報や特集を組んだ。速報では、まだ着地地点が詳しく分からない中で地図に落下地点を示す×印が北海道の近くだった。また、常に【日本海に着弾】という表現が使われていた。詳しくはロシアの排他的水域内だ。日本に近く表現することで危機感をあおり注目させ視聴率を上げようとしているように感じる。重要のニュースだからこそ、報道の正確さ、緻密さ、公正さにこだわってほしい。
  • ミサイル発射の北朝鮮を制裁すべく日本等が提出した国連安保理決議案をめぐり日中外相が電話会談をしたというニュースで使われた映像が、この二人が別の機会に何処か(カタール?)で会った時の資料映像だった。これを見た人の中には早とちりをして二人が実際に会って話し合ったなどとニュース内容を誤解するので、ニュース担当者は使用する映像には細心の注意を払うべきだ。
  • 災害時に「情報が錯綜している」とよく聞くが、錯綜させているのはメディアの方だ。刑事より豊かな想像力だが肝心な場面では取材はしないし放送しない。報道の自由とは何か。各社が競い合っても真実は一つだ。報道の早さを競うのではなく真実を確実に放送し伝えるのがメディアだ。国民が知りたい事や聞きたい事を代わって取材し放送するのが仕事(課せられた使命)だと思う。国民生活が逼迫している現代社会を含め公務員の給料体系、政治活動、また災害や被害者保護問題など遅れていることが多すぎる。権力に従えではメディアではない。権力と向き合い自由のために真実を伝えて欲しい。最近の豪雨災害で女性リポーターが現地に行き報道していたが『すごい、すごい』などと大声を出しわざとらしく泥濘にハマり、まるで災害の大きさを喜んではしゃいでいるかのように見える。当の本人は真剣なのだろうが見ている側からすると不快に感じる。局もその現場の状況を的確に伝えられる人間にリポートさせるべきで、もう少し災害に遭った人たちの気持ちを考えて取材・報道をして欲しい。
  • ここ数ヶ月、生活保護の特集、なかでも生活保護不正受給に焦点を当てて放送している。不正受給を憎むという視点であるにも係わらず、あくどい受給者である“うら稼業”やヤクザ関係者の受給者にはほとんど触れずに、本当に生活保護が必要な人を糾弾するような発言が随所にあった。行政の生活保護受給の審査は、いわゆる“うら稼業”的な人々は簡単に通るが一般の人々に対しては厳しい傾向があり、そうした事務処理の実態には一切触れないものであった。以前、生活保護を受けていて現在は福祉関係の仕事に就いているが、余りにも取材不足の内容である。福祉問題を扱うのであるから、極端な例を取り上げて社会的な負け組を叩くのではなく、バランスある報道をして貰いたい。
  • 痴呆症の母親の介護を苦に母親を殺害した男性の裁判結果を取り上げた報道の中で、介護に関する事をあまり調べずに行政(特に福祉事務所)の批判をしていた。確かに該当する福祉事務所の対応は足りないように感じたが、それだけで全ての制度がいけないというような番組の構成にしか思えなかった。単に「行政が悪い」と言うのではなく、よく調べて制度や構造の問題点、福祉の現在までの過程など様々な視点から報道すべきではないか?この番組は以前から偏った報道をしているように思っていたが、今日の報道を見て確信した。民間の報道局なのでそれなりの信念や方向性があるのはわかるが、ジャーナリズムといえば何でも許されると思っているように感じる。報道する際は責任を持ち公正な情報を提供し、その後それについて討論を幅広く展開しても良いと思った。
  • 睡眠障害で仕事ができず何度か生活保護を申請したが却下されたため『おれが犠牲になって福祉を良くしたい』と言い残して自殺した男性のニュースは深夜に一度流れただけ。それ以降、民放はその事件には何一つ触れていなかった。このままでは男性はただの犬死で自殺者の一人でしかない。男性は現状を変えたくて自ら命を絶ったのにニュースでは触れずじまいで報道の意味・役割を成していない。自殺した男性の思いを伝えるためにもしっかりとした報道をしてほしい。
  • コインランドリーの両替機強奪を記録した映像を流していた。これ以外にも犯罪の手口を克明に報道する番組の存在により、類似犯罪の増加や劣悪な犯罪へのきっかけになっている事を認識すべきで、事件報道については手口を明瞭にすべきではない。BPO・HPの5月番組委員会での議事のあらましの中に、放送事業者委員(放送局)の発言として『(今のテレビについて)娯楽性より過激性で生き残らざるを得ない。いま、テレビがそうなりつつある』とあるが、本来の報道目的から外れて行けば行くほど視聴者は離れていく事を知って欲しい。独自性が議論されていたが企業では当たり前の事だ。最近のニュースは事件ばかりで良いニュースがない事も気になる。
  • 諏訪放火事件容疑者のブログ内容が放送されたが、書き込みされた文章を読み上げる口調が異常だった。嫌悪感を煽ろうとしているとしか思えない。報道は、事件とは関係のないところで視聴者の感情を刺激するべきではない。この番組では、以前から軍事的問題を扱う時、ゲームや映画並みに音や画面構成で“演出”して放送する事が続いていた。事件に直接関連すること以外の内容は出来るだけシンプルにしてほしい。
  • 岩手母娘殺害事件の報道は酷いと思う。容疑者の弟にコメント求めることはやり過ぎではないか。容疑者の情報はある程度必要だとは思うが、家族や親族に対してこのような事をする必要があるのだろうか。あまりにも酷で、いたたまれず不愉快。事実関係の検証に容疑者の弟が事件や兄についてどのように考えているかなど事件そのものにまったく無関係だ。罪を犯したわけでもない人の家にこのように報道陣が来て近所付き合い等に差し支えないか。これを報道による人権侵害というのではないか。
  • 沖縄県南城市で自動車のトランクの中から5日前に行方不明になった男性の遺体が見つかったという事件を報じるのは良いのだが遺体は上半身裸だったと報じた。また、テロップに「ハダカ」などと表記をするのはどうかと感じた。死者にも人権があるのだし、好き好んでそういう格好で死んだわけではないのだからそういう報じ方は失礼ではないのか。
  • タレントの婦女暴行事件に絡んだ茨城の社会人野球チームオーナー(コメディアン)のコメントおよび、球団解散の報道ぶりは何なのか。(民放も似たり寄ったりだが)NHKはニュースのトップにこの話題を紹介するなど、かなりの時間と回数を割いて伝えていた。この球団は地域の社会人チームの一つ、それも芸人などを加えたコメディアン流話題づくりの売名球団と見紛うもので所詮一芸人の道楽球団だ。ニュースでの彼のコメント「みんなゴメン」がその無責任さ(問題意識の薄さ)を如実に示しており、所詮その程度の資質の芸人であろう。それ以上に指摘したいのは、この球団の話題を事あるごとに紹介するNHKの報道感覚に疑問を持つ。NHKは以前、ヤンキース・松井の骨折も数回トップ扱いにした経緯がある。「話題(の球団)」と弁明するかもしれないが話題化しているのはNHKではないか。不愉快ですらあり、いいかげんにしなさいと言いたい。
  • 電車の中でこんな体験をした。ある駅でサッカーの練習帰りの北朝鮮学校の高校生たちが先生に引率され乗車してきた。すると、車内にいた50代の夫婦連れが「わっ臭い!朝鮮や!」と大きな声で言い捨てて他の車両へ移っていった。この差別的言動に対し、先生と生徒たちはじっとうつむき、黙って耐えていた。抗議の声を上げたかったはずなのに、それを我慢せざるをえなかった彼らの姿を見て同胞として悲しかった。この出来事は、昨今のテレビや新聞の徹底した北朝鮮非難報道がもたらした結果だと思う。今の北朝鮮に対する報道がこのような差別的な結果も生んでいるのだということをメディア関係者に認識してもらいたい。

【不適切・低俗な表現や発言、モラルの低下、局の姿勢】

  • 未成年が関係する事件の発生に際し、同じ様な事件が多いという内容で司会がフリップを用意。『このように今年に入ってから事件が続発している』という説明が入った時に、ある女性コメンテーターが「クイズに出来そうですね」という不適切な発言があった。どれがどの事件だったか憶えきれないくらい事件は起きているが、例えそう思っても口に出すのは適当でないと思う。あたかも事件が続発するのが楽しい様に受け取られても仕方ない。そもそも起きている事件の内容をクイズ感覚でとらえることが理解に苦しむ。
  • 女性歌手の番組でその発言のひどさにいい加減呆れている。同事務所の後輩であれ、万引きした女性タレントを「たいしたことではない」などと擁護したり、先日も身内の未成年に飲酒させた事を悪いとも思わず平然と発言するなど目に余る。こんな犯罪を軽視しているような人間に偉そうに番組をやらせておいていいのか疑問だ。全国ネットでしかも休日の昼の番組であるというのにデリカシーがなさすぎる。芸能界の大物だろうが、視聴者への影響を考えて局ももっと厳しく注意するべきだと思う。
  • 毒舌の女性占い師が民放各局に出演し、相手タレントなど本人の「生死」について直接予言しているが、少なくとも「生死」について予言をするべきではない。脅して占っているようなものだ。彼女本人も悪いが、出演させている局の見識も問題だ。即刻止めさせるべきだ。各局にも言っているが一向に止めさせる気配がない。
  • 早朝の情報ワイドで総合司会のタレントが、北朝鮮のミサイル打ち上げ問題に関し、沖縄にミサイルを置く置かないの話題をとり上げていた。その過程で日本に駐留するアメリカ軍について、彼は“高い金で傭兵を雇っている”というような意見を言った。“傭兵”というのは、“主義主張はなく単に金で雇われて武器を持って戦う兵士”というのが一般的な意味だ。国家的の意思として、友好国として日本に駐留する米国兵士への“傭兵”呼ばわりは、タレントの言動としても限度を越えている。まして、若者たちにとって件のタレントを知らない人はいないほどの人気である。いかに品性のないタレントとは言え、大きな影響力を持つからには放送という公器における発言には充分に注意を払ってもらいたい。
  • 毎週金曜日の昼から夕方にかけて“ズバリ勝負”が売りという男性パーソナリティーのラジオ番組での彼の発言が独断的でことさらに人を傷つける内容になっているのは、公共の電波の役割を考えると問題だ。たとえば「しとしと雨が降っているのを好きな馬鹿がいる」とか「靖国参拝に反対する馬鹿がいる」など。意見を云うのは構わないが、反対意見の投稿者を「馬鹿」呼ばわりするのは大変聞き苦しい。他局のタレント・作詞家が出演する番組では彼が独断的な発言をした場合はアシスタントのアナウンサーがしっかりフォローしている。局にも何回が止めるよう働きかけたが改める気配がない。彼の出演を止めさせるか番組そのものを止めるべきだ。
  • 「エロい」という言葉がすでに市民権を得ているようだが、これをはやらせた歌手を各民放はちやほやして使うためいい気になっていた。西洋の「理屈文化」が入ってきたおかげで日本本来の「心情文化」が廃れていくのは大変嘆かわしい。
  • ある番組出演者の発言を文字で表していたが、【間違“え”(い)なく一番】と誤った言葉遣いを表示していた。しゃべるなら癖もあるので仕方がないと思うが、それを文字でそのまま表記するのはいかがなものか。また、健康情報番組でも『食“欲”(食が)が進む』と間違ったナレーションが入っていた。テレビで言ったことを鵜呑みにする者が多い昨今、放送に携わるものとしてどういう考えで番組を制作しているのか?

【その他、番組全般】

  • 3月放送の【古代ミステリー・秘境アマゾン】と題し1年間に及ぶ取材として放送されたドキュンタリー番組について訴えます。この番組制作のため取材・制作について撮影地であるボリビア共和国や外国の一部の研究者から苦情が寄せられています。内容はほとんど外国の埋蔵文化財の破壊行為です。学術調査と言っていますが実際に発掘をまともにできる人はいません。また、出土記録をとらず、墓を探せ、金を探せ、ということで、現地にいた外国の調査団も迷惑していると苦情が寄せられました。こういった日本の恥になるような行為を堂々と外国で行っているこの番組に対して抗議しましたがまともな返答が来ません。精査のほどよろしくお願いします。
  • 抗がん剤について専門医が語っていたが、資料も充実し優れた内容だった。このような問題はただ取上げるだけではなく、厚生官僚にも出演してもらい意見を聞いたり、厚生省の見解を取材・報道しない限り政策に反映される事はない。民放にはこの他にも評価の高い番組があるが、ただ放送するだけでは一時的な話題となるだけだ。公共の電波で放送しているという意識を持って欲しい。
  • ニュース番組で高齢のがん患者が生活保護を申請したが【福祉事務所は受け付けることなく却下した】という内容を2、3分程度放送した。現在の老人医療は、がん患者であれ長期に療養が必要な患者であれ、一定期間が過ぎると医療を打ち切り福祉施設に移される。このような問題について福祉事務所や行政に電話をしたがはかばかしい回答は得られなかった。放送局は老人医療の実態を短時間で簡単に採り上げるのではなく、正面から時間をかけて取り組む報道番組を是非作ってもらいたい。
  • 各放送局とも、週末の早朝に自局の番組に寄せられた意見の紹介と、その意見にコメントをする番組がある。しかし、視聴者の意見に対する委員の回答『私はこれでも構わないと思っています』とか、『そういう意見もあると思いますが…』と前置きだけして、全く別の話にすり替えている例が非常に目立つ。昨今、秋田の児童殺害事件が題材になることが多いが、この取材に関して『系列局ごとに車を1台にして、メディアスクラムになるのを防いだ』と言うような自画自讃の意見まで出て、視聴者との距離を感じざるを得なかった。放送局としては早朝のような誰も見ない時間ではなく、もっと視聴率のよい時間にこのような番組を編成するなど、視聴者との距離を縮める努力をすべきではないだろうか?
  • 青少年による凶悪事件が増えているため近所の中高生に訊いてみた。『きみたち、ニュースで報道されているような放火や殺人ができると思うか?』と。すると、『そんなこと、いまのテレビ見ていれば簡単だよ。やり方を教えてくれてるじゃないか』という答えが返ってきた。これを聞いて、いまのテレビが青少年に与えている悪影響の大きさを実感した。そこで要望だが、テレビ各局は早急に番組の質的向上に取り組んで欲しい。社会犯罪との関連で言えば、ニュースでの事件報道の仕方や犯罪ドラマの描き方(ともに内容が詳細に過ぎる)、また、その種ドラマの編成(放送を止める?時間帯は?…など)について、真剣に議論すべきだ。
  • 今更遅いかもしれないが、今の若者の常識のなさはテレビの漫才(お笑い)ブームの影響が大きいと思う。どこの局も関西大手プロダクション所属の芸を持たない芸人をテレビに出し、単なる馬鹿騒ぎばかりを放送している。このプロダクションの芸は劇場で行なうには問題はないが、公共のテレビで放送する芸ではない。裸で腰を振るなど常識ハズレもいいところ。各局はこのような芸に関して討論会や批評を行なうべきではないか。

【CM】

  • 以前から金融業のCMが多いのは異常だと思っていたが、取立て事件で営業自粛明けの金融関係のCMは、こぞって「ストップ借り過ぎ!」と謳っているが違和感がある。あれだけ「貸します、貸します」と宣伝していて借りた方に過失があったみたいな文言に反省を感じない。「ストップ貸し過ぎ!」だ。
  • 食事時にトイレ洗剤や生理用品等のコマーシャルを流されると非常に不快になる。是非とも自粛して頂きたい。
  • 某飲料水のCMは裸の女性が出演して室内を飛び跳ね、最後はそのままの姿で外に出てゆく。20代の娘も顔を背ける内容だ。

青少年に関する意見

意見分類 2006年7月件数
E-mailによるもの 99 件
電話によるもの 39 件
郵便によるもの 2 件
FAXによるもの 2 件
意見件数 計 142 件

(男性99件、女性41件、不明2件)

【意見の概要】

  • 7月にBPOに寄せられた視聴者意見のうち、放送と青少年に関するものは142件と先月に比べ17件減った。
    男女別では男性からが今月も約70%、年代別では30代が最も多く39件、次いで10代が35件、20代が28件、40代25件となっている。
    内容に関しては、今月は未成年の飲酒を容認する発言や、女児に“エロかわいさ”を求める番組があり、それらに対し「犯罪を助長する」という意見が多く寄せられた。
    ジャンル別ではアニメ番組に対する批判、それに対する反論、また推奨意見が今月も目立った。
    また「普段ならいいが夏休みで子どもも見ている」といった時期的問題を指摘する意見が7件あった。

【意見の抜粋】

{お断り}

放送と青少年に関して、電話やホームページ、FAX、郵便でいただいたご意見の中から、代表的な意見を抜粋して掲載させて頂きます。
ただし、意味不明なもの、個人攻撃や誹謗中傷にあたるもの、不快感を与える表現などは非掲載とさせて頂いています。
また、いただいたご意見は事実関係などを確認できない場合もあるため、放送局名、番組名、出演者名は原則削除させて頂き、あまり長い文章は要約、類似意見は代表的なものを掲載させて頂いています。

[内容分類]  [E]はEメール

犯罪を助長する(25件)
受付 内容 方法 地方
7/18 過去に犯罪歴のある芸能人が普通にテレビに出るのはおかしい。しかも偉そうに若い人たちに説教をする人までいる。特に薬物使用は重罪だ。気軽に人生をやり直せると青少年に思わせてはいけない。青少年への影響を考えるのなら犯罪歴のある芸能人をテレビに出すのは間違いだ。社会が許しても過去は変わらない。 E 33 東京
7/21 夏休みの期間中は子供達に与える影響を考慮し、番組の内容を再考するべきである。特に関西系のお笑い芸人は相方を突然殴る、蹴飛ばす、怒鳴るなどの言動が激しい。バラエティー番組に四六時中出演している彼等の芸はどの芸域にも属さず芸人とはいえない。最近の若者による衝動的な放火や殺人事件にも影響を与えていると思われる。(同様意見1件) 電話 30代 三重
7/24 バラエティー番組。司会者が未成年者の飲酒を容認している発言をしていたが、日曜日の昼間であることと視聴者層もファミリー世代がメインだと考えるとその影響力は小さくないと思う。彼女自身は何が問題なのかわかっておらず、さらには「沖縄では一般的」等と特定地域の事例を挙げる始末だった。確かに家族や親類だけの場合は、身内の未成年者の飲酒はある程度暗黙のうちに容認されている状況もあるかもしれないが、公共の電波でこの種の発言は問題だ。タレントおよびテレビ局に対しては猛省を促したい。(同様意見14件) E 34 東京
7/25 情報番組。自分の名前と通っている小学校名、学年を言っている児童がいるが、昨今の社会情勢の中、このような事はどうなのかと思う。もし犯罪者がこの番組から情報を得て、既にターゲットの顔はテレビで判っているので、学校付近で見かけ「何年の○○ちゃんだよね」のように声を掛けるために使ったりすることもあるかもしれない。寂しい社会だが一度放送の方法について検討してみてはどうか。 E 36 静岡
7/31 青少年による凶悪事件が増えていることを受けて近所の中高生に訊いてみた。「きみたち、ニュースで報道されているような放火や殺人ができると思うか?」と。すると、「そんなこと、いまのテレビ見ていれば簡単だよ。やり方、教えてくれてるじゃないか」という答えが返ってきた。これを聞いて、いまのテレビが青少年に与えている悪影響の大きさを実感した。そこで要望。テレビ各局は早急に番組の質的向上に取り組んで欲しい。社会犯罪との関連で言えば、ニュースでの事件報道の仕方や犯罪ドラマの描き方(ともに内容が詳細に過ぎる)、また、その種ドラマの編成について、真剣に議論すべきだ。 電話 70代 神奈川
7/31 音楽番組。コーナーの一つに、“エロかわいい”と世間で評されている歌手をゲストに迎えて、小さい女の子にエロかわいさを競わせるものがあった。そもそも中学生にもならない子にエロさを追求するのはまだ早いし、ただでさえ最近は小さい女の子が性犯罪に遭ったり殺されたりされる事件が多発しているのに、全国ネットでそういう嗜好を持った人を刺激するような企画はやめるべきだ!(同様意見4件) E 19 三重
低俗、モラルに反する(18件)
受付 内容 方法 地方
7/5 音楽番組。小中学生が当たり前に見ている時間帯で、姉妹タレントの『多くの男性と全裸で遊ぶ』という発言は、日本の常識では考えられないことだ。編集するなり、フォローのコメントをするなり出来なかったのか?性を知らない子ども達が、この番組を見て真似をしたらどうするのか?見ている者への影響力を考えてほしい。(同様意見2件) 電話 40代 大阪
7/18 長時間番組。あるコーナーで、女性占い師が偉ぶっているのが腹立たしく見ていて気分が悪かった。彼女の「問題をまだ見ていない」という発言は、自分が悪いのに周りがそれに便乗して他の出演者を非難するのはおかしいと思う。その他にも他人をサンダルで叩くなどの行為は許せない。 E 13 岡山
7/21 バラエティー番組。青少年の犯罪が発生するとテレビは必ずアニメやテレビゲームなど、他のメディアが及ぼす影響が大きいと自己責任を回避するが、もし現在放送している番組が放送基準を満たしていると判断しているのであれば、放送関係者自身は民間人とは違った特別な世界の人間だと思い違いしていると言える。内容の良否は一般常識で判断するべきで、この番組も言葉にするのも気が引けるような映像が随所に見られた。 電話 50代 千葉
7/21 情報バラエティー。最近悪ふざけが多すぎる。例えば、狭い檻に入れられクイズに答えられないと檻の中で風船が大きくなるというコーナーがあるが、風船が爆発して人に当たったらどうするのか!これを見て憤りを感じた。こんなコーナーは即刻やめて欲しい。また本番中に机に置いていた鯛焼きが何者かに盗まれるというのは単なる窃盗のシーンを映しているだけだ。子どもに悪影響を与える番組は即刻改善するべきである。 E 20 大阪
7/26 バラエティー番組。クイズで負けたほうに罰ゲームを課するというのはどこにでもあるが、この番組ではその罰ゲームの進行を小学生にさせている。負けた出演者を下品に罵らせたりバットでたたかせたりと、子どもの教育上好ましからざることだ。 E 56 東京
7/27 バラエティー番組。深夜1時の放送にしてもひどすぎる。ほとんどAVビデオと変わらない。この局といえば、子ども向けアニメ番組や家族向けの番組(グルメ、旅など)がメインで、関西では大人気のマスコットキャラクターが登場する局だ。我が家の子どもたちも大好きでよくこの局を視聴しているのに、このような番組を無神経に平然と流す局の神経を疑う。一般人の私から見ても本当に何も考えてないとしか思えない。本当にこの番組をすぐにでも止めていただきたい。 E 41 大阪
7/27 バラエティー番組。スイッチを入れれば誰もが視聴出来る公共の電波を使い、まだ23時という時間帯に度を越えた性描写を含む、とても子どもには見せられない低俗な番組を放送している。各部屋にテレビが有る昨今、始終、子どもを監視する事も出来ず、もしも、あんな番組を我が子が見たらと思うと大変心配だ。青少年の健全な育成に害を及ぼす事が明らかな低俗番組の早急な放送中止を心から願う。 E 47 大阪
7/28 情報番組。壁新聞の芸能ニュースを読むときに15歳のアイドルの画像を指差して、「お色気むんむん」「大人の色香が」「いやあいいですねえ」等と年配の男性レポーターが言っていたが、明らかに未成年とわかっているのに大人が率先して性的に賞賛するのはおかしいのではないか?未成年少女に関わる事件が多く社会的な問題が叫ばれる中、昼間から大人が薄着の少女を見て興奮してほめるのはいかがなものか?いかがわしく不潔で生理的に嫌悪感を感じた。大人がそういう姿勢では青少年の育成にもよくないと思う。 E 30 東京
7/31 バラエティー番組。眉を剃ったり中学生が校則違反でスポーツ大会への出場を取り消された、というニュースを受けて司会者が「眉を剃っても、髪を染めてもいいじゃないの。その程度のことで…」とコメントしたが突拍子もない発言だ。非常識な暴言だ。規則は守るためにあり、これを守ることで学校生活や社会生活が成り立っている。だからルールを守ることがいかに大切かを私たちは子どもに教えている。この親や教師の指導や教育を無視し、否定する発言に強く抗議する。テレビの影響はとてつもなく大きいのだから、出演者は発言に充分注意してもらわなければ困る。 電話 38 高知
視聴者意見への反論・同意(17件)
受付 内容 方法 地方
7/3 バラエティー番組やコント番組でちょっと何かあると『すぐに低俗だ』や『いじめに繋がる』と叩くが過剰に反応しすぎだと思う。番組による影響がないとは言わないが、必ずしもそうとは言えない。これによって、本当に面白い番組ができなくなっていると思う。(同様意見2件) E 18 愛知
7/10 非行歴のある有名人の出演についての視聴者からの意見に同意。その非行によって多くの人の平安な日常を奪った事実があるのにまるでその過去がカッコイイことのように描くのは間違っている。被害者にしてみれば、自分達を迫害した相手の話なのだ。それに、立ち直ればいい的な印象が目立つ。『自分にも非行歴があるから若者の気持がわかる』などと言いたげに活動している人間には好意的にはなれない。 E 21 長野
7/13 テレビ番組には映画と同じように、現実に疲れた人たちが気晴らしに見る側面もあると思うので、現実にはありえない描写やPTAにひんしゅくを買うような描写もたまには必要ではないか?規制を叫ぶのはいいが、目くじらたてて重箱の隅をつつくような批判をすることもあるまい。多少の描写は許容しても良いと思う。番組を批判する前に親が子どもに番組はフィクションであることを教えているのか。まずは親としての責任を果たすべきだ。(同様意見1件) E 22 青森
7/18 “児童ポルノ”という言葉をBPOのHPでよく見るが、子どもなんだからある程度はいいのではないかと思う。小学生のグラドルは明らかに商品化目的があるから問題なのかもしれないが、オムツのCMまで指摘するのはやり過ぎではないか?BPOも局もその辺をもっと考慮すべきだ。児童ポルノ禁止法は子どもの人権擁護として大切な法だと思うが、法の意味を勘違いしている人が多い気がする。 E 30 北海道
7/18 最近のBPOへの批判を見ていると、アニメその他の番組に対する偏見や先入観のみに頼って批判を行っている物がいくつか見受 E 16 高知
7/24 「『嫌な番組は見ない』というのは一番大切なことではないのか?」という意見があったが、こういう人は低俗・俗悪番組の存在を認めるのか?こういう社会常識のない視聴者が低俗・俗悪番組を助長させ番組の質の低下になるのだ。昔のCMで「臭い匂いは元から絶たなきゃダメ!」というのあったが、同様に「低俗・俗悪番組は元(放送局)から絶たなきゃダメ!」である。 E 44 北海道
7/24 山口・光市母子殺害事件について、遺族の発言を批判する意見があったが、最愛の家族を理不尽に殺されてしまったら犯人を死刑にして欲しいと思うのは当然ではないか?他人事だから“加害者の更正”等とのんきなことを言えるのかもしれないが、「強姦目的で家族を殺された」という事実だけでもこの犯人を死刑にすべきだと思わないのか?遺族の気持ちを考えて欲しいと思う。 E 22 埼玉
7/24 海外の放送規定と日本を比較する人がいるとは驚く。お国柄の違いを全く理解していない。『もっと適切な表現』というが、苦情を寄せる人が表現の自由を奪っているのではないか? E 15 熊本
報道に関する意見(15件)
受付 内容 方法 地方
7/4 報道番組。番組中で“振り込め詐欺”が電話で空請求をする犯行現場の映像を中継していた。このような犯罪を詳細に中継することは、良し悪しの判断がつかない青少年に悪影響を与える。また、一般市民から見ると、犯罪現場を押さえながらなぜ警察に通報しないのかと大きな疑問を持った。局に電話をしたところ警察には通報したと言っていたが、逮捕されたのは3ヶ月も後になってからであり、本当に電話をしたのかどうか疑わしい。警視庁OBが出演している番組であるというのに、テレビにはチェック機能が無いとしか言い様がない。 電話 50代 東京
7/4 情報番組。行方不明の女性を捜すと言う設定で、殺人シーンや死体などのイメージ映像を生々しく映し出した。大人が見てもショックを受けるようなむごたらしく異常な映像を、家族揃ってテレビを見る時間帯に放送することは、子供達の精神を毒するばかりではなく人権軽視でもある。また、このように残忍でリアルに殺人シーンや刺激的な死体映像を流す制作者は、猟奇的な嗜好を持っている異常者なのではないかと疑ってしまう。放送局は、倫理観を持って番組を制作すべきである。(同様意見1件) 電話 40代
7/5 報道番組。公共の電波を使用している放送局がまた米国ハイド下院議員発言について意図的な歪曲を行っている。もう我慢できない。メディアとして最低の行為だ。電波停止処分が妥当だろう。(同様意見2件) E 16 愛知
7/21 報道番組。産婦人科医が17歳の少女に猥褻行為をはたらいたというニュースで、モザイクをかけているとはいえ、陰部に指を入れている写真を出しているのはやりすぎだ。節度が無さ過ぎる。夏休みに入って子供も家で見ており影響がこわい。表現を工夫しもっと遠慮してほしい。 電話 50 福岡
7/25 情報番組。確定申告をする必要のある人はその年分の所得金額の合計額が所得控除額を超える場合であって、年収が30万円等という人はそもそも申告の必要が無いはず。ワーキングプア(働いているのに生活保護水準以下の生活しか出来ない人たち)の特集で“税金が払えない人々”として、秋田県の農家の人々を取り上げていたが、彼らの年収は所得控除額に及ばない。つまり税金を払う必要のない人々を取材し「税金が払えない!」としているのは番組構成上おかしいし雑すぎる。ゴールデンタイムで多くの子どもたちも見ているだろう番組ででたらめな内容を放送しても良いのか? 電話 40代 東京
7/26 報道番組。秋田小1男児(児童連続)殺害事件の畠山鈴香容疑者を“鈴香容疑者”と呼ぶことが原因で同名の子どもがいじめに遭う件が問題となっていたが、この番組のコメンテーターは多くの番組でこの呼び方をやめているにもかかわらず“鈴香容疑者”と呼んでいた。日頃、自身の出演番組の視聴者を変質者呼ばわりするなど問題発言の絶えない同氏であるが、いかに視聴者に対する配慮が欠けている人であるかがわかる発言だ。このようないい加減な人物がジャーナリストとして起用され続けている今のテレビ界に怒りを覚えずにはいられない。 E 40 埼玉
7/28 情報番組。岩手母娘殺害事件の報道で「娘さんは婚約者の男性と同棲していたということがわかりました」と、さも警察発表であるかのように個人のプライバシーを放送していたが、近所の人に聞きまわって得た情報を流しているだけではないか。事件とは何も関係のない過去を聞きまわって放送してもいいのか?被害者が友達に送ったメールの内容まで晒していたが、もし生きていたら「止めて」と言うのではないか?犯人については何も報道しないのに被害者のことばかり報道するのはあまりにおかしい。 E 30 東京
CMへの意見(8件)
受付 内容 方法 地方
7/4 あるCMで、野球選手「いつも人と違ったことをやっていた」と言いながら、球を背面でキャッチするシーンがあるが、少年野球では取れる球は確実に取ることを基本に教えている。この選手は人と違ったパフォーマンスを売りにしているようだが、青少年にとっては必ずしも良い模範ではない。 電話 60代 東京
7/6 『仕事をしろ』と言って、パソコンから手が出てきて殴るCMがあるが、多分オタクのイメージですごく不細工なおじさんが出てくる。これでオタク=あんなのっていうイメージが出てしまい私もオタクなんですけど、オタクの人に失礼です。 E 12 静岡
7/18 パチンコ番組やパチンコのCMが、まるでゲームのように錯覚させるので子どもの目に晒したくない。何とかならないか?(同様意見1件) E 40 千葉
7/18 人気若手女優を起用しているCM。昨年までは、若者らしさや夏らしさが出ていてよかったが、最近のCMは露出の多い水着で胸の部分を強調させたりアップにしているものが多く品が良いとは言えない。成人向け雑誌のグラビアのようにも思える。商品の爽やかなイメージを下げ購買意欲を失うだけでなく青少年の性欲を刺激するものだと思う。CMだから四六時中流れているのでもう少し配慮して欲しい。(同様意見1件) E 31 新潟
いじめや虐待を助長する(8件)
受付 内容 方法 地方
7/3 音楽番組。アイドルグループによるドッキリのコーナーが不愉快だ。バレーボールで一番痛い必殺技はどれか。間違えば青汁を飲まされる。凶暴な犬がいる部屋にメンバーを入れ、どれくらい早く仲良くなれるか。など、いじめを助長する内容が多い。 電話 16 広島
7/10 バラエティー番組で突然相方や他の出演者を殴ったり、罵倒する場面が余りに多い。このような行為は芸ではない。良し悪しの判断のつかない子供達が真に受けて、学校で弱い者苛めが行われていると息子が話していた。最近の青少年の犯罪は普段の生活からは予測出来ないような、突発性の犯罪が多いが、テレビが与えるている影響が大きいと思う。放送時間を考慮するべきだ。 電話 30代
7/13 バラエティー番組。ドッキリコーナーで、目隠しをしてクラッカーを銃声のように鳴らし脅かし気絶するか?など、内容がアルカイダやイラクのニュースで人が連れさられ殺される映像と重なる感じで、今の時期にやっていいものかと思うと同時に不快だった。最近この局のバラエティーは子どものイジメの要因になりそうなことが多く、見たくないと思う事が多い。 E 26 宮城
7/18 長時間番組。あまりにもひどくとてもバラエティーと呼べる内容ではなく恐ろしささえ感じた。司会者が不眠不休で頑張っていたのに、番組終盤で他の出演者にひどい扱いを受けていた。粉まみれ・クリームまみれになり笑い者にされ、病み上がりだというのに「近くにくるな、汚れる」とまで言われていた。このような演出はやめてほしい。お笑いと呼ぶにはあまりにも下品で低俗で後味が悪い。こういう演出は子どもに悪影響を与える。思いやりを持った放送をしてほしい。(同様意見3件) E 33 長崎
言葉についての意見(7件)
受付 内容 方法 地方
7/11 某プロボクサーの言動は、スポーツの枠を超えていてまるで喧嘩のようだ。このような人物をテレビに出すのは止めて欲しい。小さな子ども達が彼の目つきやしぐさを真似するのはいかがなものか。テレビに出るのであれば視聴者への影響力を考えるべきだ。 電話 41 山口
7/20 バラエティー番組。ペルー人の女性出演者の言葉遣いがあまりにも悪すぎる。他人を侮るような言葉を使ったり、自分より年齢が少し上の女性を“オバサン”呼ばわりをしたり、ペルー人以外の南米の人々を侮辱するような言動などは、バラエティー番組であっても許すべきではない。 電話 10代 東京
7/24 塾の生徒である小学生が残虐な発言と下品な発言をしていた。他にもバラエティー番組のまねをして悪ふざけをしたり、芸人の言ってることをマネをして他の小学生をバカにしたりしていた。これがバラエティー番組の影響ではないといえるだろうか?明らかにテレビの影響があるとしか思えない。 E 27
7/24 アニメ番組。「あの子を始末する事も出来ない」と言う台詞があった(ママ)。日本で制作されたものか外国で制作されたアニメか判別出来なかったが、子供達を対象にした番組ではこのような台詞は避けるべきだ。青少年の犯罪が発生するとメディアは必ず日本人の道徳心の喪失を挙げるが、テレビが彼等に与えている影響は絶大で、夏休み期間中は特に細心の注意を払って欲しい。 電話 60代 北海道
7/26 情報番組。司会者が何かにつけて「バカモノ!!」と叫ぶ。夏休みで子どもたちも見ている中、お手本となるべき大人がこのような言葉遣いをしてもいいのか。教育上良くない。 電話 32 三重
7/31 情報番組。女性アシスタントのアナウンサーはよく言葉を噛んでいる。タレントのアシスタントならまだ許せるが、アナウンサーが噛み過ぎているのはどうかと思う。しかも自分のことをあだ名で呼ぶというのも、どうかと思う。 E 19 宮城
差別や偏見を助長する(6件)
受付 内容 方法 地方
7/3 報道番組。オタク特集に偏見報道があった。恋愛ゲームにはまっている“オタク=現実逃避”という一方的な決め付けや犯罪予備軍的な報道をしていた。また男性声優やベテラン声優を応援したり、ファンになることはおかしいというような、人の趣味に口を出したり職業差別的な報道もあった。漫画やアニメ、ゲームを規制するよりもこういう偏見報道を規制すべきだ。 E 16 山形
7/10 バラエティー番組。司会者が芸人に向かって“はげ”や“豚”、“めがね”を指摘する発言をして、番組でもそれを煽るような流れになっている。これらの発言は明らかに人を傷つけている。芸人相手にふざけているのかもしれないが、人気のある人物がテレビで広めれば、学校で子どもが相手の親をバカにしたり子ども同士の差別につながるのではないかと危惧している。番組の性格上、芸人が芸人をバカにする範囲を超えているのではないかと感じるがいかがなものか。 E 46 東京
7/11 整形を安易に取り上げる番組を放送するのはどうかと思う。整形によるメリットを主張するものが多いが、こじつけと思えるものも多く、どう考えても業界の金儲けのための放送にしか思えない。整形のデメリット部分(化学薬品にアレルギーを起こしたり等)は、いつも放送されない。「顔が美人でない人を社会的偏見から助けるため」と言うが、その発想が社会的偏見を持っているという事を表してはいないだろうか?本当に社会的偏見から美人でない人を救うなら何故、美人でない人を肯定しないのか。 E 18 岡山
7/18 最近少年犯罪が増えているのはポルノ表現のゲームやマンガが増えているためで、これを規制する事で緩和できるという偏った主張をする番組が増えている。しかしこれらの主張は事実に反する。?30~40年前に比べ犯罪は大きく減っている。?ポルノ規制の緩い国ほど性犯罪率は低い。?ゲームやアニメと性犯罪に客観的な因果関係はない。またこれらの主張を展開する放送局は非常に過激な事で知られる少女コミックに関しては何の指摘もしない。重大な性差別でもある。(同様意見1件) E 31 大阪
7/26 情報番組。夜の繁華街の人々を特集するコーナーで「通信制高校に通っている人が深夜に徘徊する傾向がある」と捉えられるような内容に呆れた。街にいる若者に「学校に通っているか」と聞いて全員が「通信(制高校)」と答えていたが、この部分は削除したほうがよかったと思う。通信制高校に対し偏見を感じるし、それを増幅させるのはよくないことであると思う。 E 18 埼玉
放送局の姿勢、責任を問う(6件)
受付 内容 方法 地方
7/4 ドラマ番組。このドラマはほぼ毎回、社会的に問題とされているテーマを取り上げているような気がする。今週は“ストーカー”がテーマだが、若者のモラルを壊すような内容ばかりだ。自ら犯罪をばら撒いておきながら、いざ犯罪が起こると不必要なまでに叩く。いい加減このような体質は改善するべきだ。 電話 32 千葉
7/4 若手芸人が番組の収録中にパラシュートで赤坂御用地に緊急着陸したが、タレントの命に関わるような危険な行為であるだけに避けるべきではなかったのだろうか?またこの件について当該局や他局がワイドショーなどでとり上げていないのは問題である。自局の問題は積極的に伝えようとしない行為はジャーナリズム感覚がないと思う。青少年が主役となり参加する番組だけに青少年への配慮が他よりも一層必要である。 E 28 兵庫
7/31 バラエティー番組。普段、他の芸能人の不祥事の際には厳しい自論を言い放っている芸能人が、16日には自ら未成年者に飲酒させていた発言を何度もし、他の出演者に咎められ、後日一部では報道もされたのに、30日の放送では謝罪など一切なし。本人と放送局のモラルの低さを感じる E 32 愛知
編成に関するもの(4件)
受付 内容 方法 地方
7/5 サスペンスドラマ。子どもにはとても見せられないこんな番組を毎日、まっ昼間から放送してもいいのか。子どもや若者への悪影響は計り知れないだろうに。そんな自分たちの責任を棚に上げて、テレビは若者が犯罪を犯すと猛烈に叩くが理解できない。犯罪者が犯罪者を叩いているようなものではないか。悪質番組の野放し状態を厳しく規制すべきだ。 電話 30 千葉
7/10 野球放送の際、ほとんどの局が大抵30分~1時間程度は延長するが、2つの局は試合終了まで延長するために、長い日は1時間30分~2時間も延長する時がある。いつも見る番組はほとんど録画しているが、この2局の番組も多く録画するので設定が大変だ。延長放送の決定がいつ流れるかわからないし、何分繰り下げてるのかもわからない。延長時間が長く何度か他のチャンネルの録画予定と被ったこともある。野球中継を放送するのは構わないが、延長による繰り下げをどうにかして欲しい。特に試合終了まで延長されるのは困る。せめて30分等と最大延長の時間を決めることはできないのか? E 14 大阪
7/31 近年の夕方のテレビはほとんどの局が情報番組を2時間放送している。しかし情報番組の内容は秋田連続児童殺害事件や長野や南九州での豪雨による災害、北朝鮮のミサイル発射など暗い事柄ばかりである。それを考えると2時間は長いといえる。かつてのように1時間に短縮し、残りの1時間は名作アニメの再放送など子供たちが明るい夢や希望をもてる番組を放送して欲しい。 E 22 山梨
7/31 高校野球大阪大会・準決勝。いち地方大会の準決勝を全国放送番組を取り止めてまで関西広域局として放送すべきでない。県域地方局の仕事である。放送するなら大阪府域地方局になってやるべき。放送の公共性を重視しない局の姿勢に疑問を感じる。 E 17 大阪
推奨意見(3件)
受付 内容 方法 地方
7/11 アニメ番組。日本人の心を絶妙に表現している昔ながらのアニメ。多くの存続を希望する意見があるなかで、終了するとの噂が絶えない。時間帯を移動してもいいので続けて欲しい。子供も悲しむ。番組がなくなるかもしれないということを子供に伝えられずにいる。(同様意見1件) E 29 東京
7/21 アニメ番組で、柴犬やその他の登場人物が日本古来の風習や美術、礼儀作法を教えてくれる。勉強にもなるし、アニメのタッチもほんわかとしていて見ていると和めてくる。青少年はもとより、いろいろな世代の人に見て欲しい番組である。 E 32 広島
要望(3件)
受付 内容 方法 地方
7/20 アニメ番組。きつねが村人に殺されるという話だったが、このような殺される話や怖い話も定期的に放送して欲しい。殺伐とした世の中で子ども達に命の大切さを感じてほしい今だからこそ放送して欲しい。この秋で最終回を迎えるとあったが、時間を移してでも続けるべきだ。水曜の夜は野球中継が入って見れない地域がでてくる。そのことも考えて土曜日の19時~の枠にしてほしいと思う。 E 21 愛知
暴力・殺傷シーンへの批判(2件)
受付 内容 方法 地方
7/14 アニメ番組。この時間帯で出血シーン等、残虐なシーンを放送するのはどうかと思う。前の番組を見た子どもがチャンネルをそのままにしてこの番組を見る可能性がある。このような放送内容は止めてほしい。 E 12 兵庫
7/18 アニメ番組。青少年が殺人事件を頻繁に起こすというとんでもない内容。それに殺人を犯す時の表情が精神異常者のようでとても不愉快。こういう放送が放送コードに抵触しないのは納得し難い。 E 40 愛知
性表現について(1件)
受付 内容 方法 地方
7/3 映画。子どもたちが視聴する時間帯でありながら、裸の娼婦たちと男の卑猥で下品な性交渉場面が放送されていた。 FAX 30 愛知
その他(19件)
受付 内容 方法 地方
7/7 昨今の放送は、精神的に病んでいる人に対してあまり理解がない様に感じる。普段の生活で心の病気を抱えている人に対し、“変なもの”として扱う風潮を助長しかねない番組がとても多い。放送をする側は公共の電波を発信している限り、全ての人の心を考える心理的側面をもっと勉強してほしいと思う。 E 18 岡山