放送倫理検証委員会

放送倫理検証委員会 委員会決定

第32号

関西テレビ 『胸いっぱいサミット!』
収録番組での韓国をめぐる発言に関する意見

2020年1月24日 放送局:関西テレビ

関西テレビが2019年4月6日と5月18日に放送した情報バラエティー番組『胸いっぱいサミット!』の中で、コメンテーターとして出演した作家が、韓国人の気質について「手首切るブスみたいなもんなんですよ」と発言した。この発言について委員会は、人種や性別などによって取り扱いを差別しないなどとしている日本民間放送連盟(民放連)放送基準に照らし、収録番組であるにもかかわらず適切な編集が行われずに放送されたうえ、放送後にお詫びに至った経緯について詳しく検証する必要があるとして審議を続けてきた。
委員会が行ったヒアリングの中で、制作陣からは 刺激的な表現で「ギリギリのラインを攻める」ことが視聴者から期待されているという趣旨の声が複数聞かれた。これについて委員会は、「ギリギリのラインを攻める」ことの意味とその危うさに対して制作陣の意識は不十分であったと言わざるを得ず、「ギリギリのラインを攻める」番組を放送倫理の観点から客観的にジャッジすることができる体制とはいえなかったのでないかと分析した。そのうえで、民放連放送基準「(5)人種・性別・職業・境遇・信条などによって取り扱いを差別しない」「(10)人種・民族・国民に関することを取り扱う時は、その感情を尊重しなければならない」や、当該放送局の放送倫理規範である「番組制作ガイドライン」の中の「すべての人は人種、皮膚の色、言語、宗教、などによって差別を受けることは許されることではありません」という規定などに照らして、審議の対象とした2回の放送はいずれも放送倫理に違反するものだったと判断した。

2020年1月24日 第32号委員会決定

全文はこちら(PDF)pdf

目 次

  • I はじめにpdf

  • II 審議の対象とした番組pdf

    • 1 4月6日放送回~戦犯ステッカー条例案をめぐる発言
    • 2 5月18日放送回~韓国国会議長の祝電問題をめぐる発言
  • III 本件各放送の制作過程pdf

    • 1 『胸いっぱいサミット!』の制作体制
    • 2 4月6日放送回の企画、収録に至るまで
    • 3 編集過程で何があったか
    • 4 5月18日放送回の制作・編集過程
  • IV 局の事後対応の経過pdf

    • 1 2回目の放送後からお詫びに至るまでの経緯
    • 2 番組審議会、オンブズ・カンテレ委員会の対応
      • (1)番組審議会の意見の内容と推移
      • (2)オンブズ・カンテレ委員会の提言
  • V 委員会の検証と分析pdf

    • 1 X氏の発言が編集でカットされなかった原因、背景
      • (1)「ギリギリのラインを攻める」ことの危うさが露呈した
      • (2)考査担当者の意見が尊重される制作環境だったか
  • VI 委員会の判断pdf

  • VII おわりにpdf

2020年1月24日 決定の通知と公表の記者会見

通知は、2020年1月24日午後1時30分からBPO第1会議室で行われ、午後2時30分から千代田放送会館2階ホールで公表の記者会見が行われた。記者会見には、22社43人が出席した。
詳細はこちら。